Home > 中嶋穀の「ギア職人が斬る!」 > 第4回 まっすぐ動く魔法のパター(フソウドリームSHEPHERD SP-005 パター)

第4回 まっすぐ動く魔法のパター(フソウドリームSHEPHERD SP-005)

こんにちは!!今月も「ギア職人が斬る!」のコラムへようこそ!
今回紹介するクラブは、フソウドリームというメーカーのSHEPHERD SP-005 パター(スラロームネック)です。

これはまた、素晴らしく個性的で、魅力的なパターです。
普通のパターは横にして置くとヘッドのトゥ側(先側)が垂れ下がります。

オデッセイの2ボールパターや多くのマレット型パターはフェイスバランスと言ってフェイスがほぼ水平になります。
しかしこのパターは名前のとおり、そのスラロームネックの形状によってヒール側(構えた時の体側)が垂れ下がるヒールバランスのパターなのです。

このヒールバランスと、74度というアップライトなライ角によって、体の近くに構えてストロークすることによりヘッドがまっすぐ動くのです。しかもフェイスをスクエアに保ったまま、ほぼ勝手に動くのです。

そして403gという重いヘッド重量も、勝手に動く振り子運動を邪魔しないようにしてくれています。
通常のパターストロークはどうしても円運動なので下の写真のように曲線を描いて動きます。また、フェイスは開いて閉じる動きをしているのです。

このSHEPHERD SP-005 パターは、まっすぐ動いてまっすぐ打てちゃう魔法のパターなのです!
これだけ独創的に機能にこだわりながらも、パターの命と言ってもいい形状やかまえやすさにも手を抜きません。
このパターを形作るのは、「三坂 昇」という職人です。
「角を殺す」事にこだわる三坂 昇の削り出す形状と独創的なバランスの組み合わせによってこのSEPHERD SP-005パターは完成しています。

実際に取り扱いショップでは、密かに人気のパターとなっています。ぜひもっと多くのゴルファーに知ってもらいたいですね。
そして、特にパターに悩んでいるゴルファーは、ぜひ一度この独創的なパターをお試しください。

中嶋 毅

中嶋 毅
1970年生まれ、2000年より町田モダンゴルフクラブにてレッスンを始める。さらに2005年からは同練習場にてゴルフ工房(チューン アップスタジオ)を始め、多くのゴルファーに分かりやすいレッスンとそのゴルファーとしての知識に基づいたカスタムクラブのアッセンブルやリシャフトなどのチューンアップで人気のインストラクター 兼 クラフトマンです。

町田モダンゴルフクラブ
町田モダンゴルフクラブ ゴルフショップ・ゴルフ工房
町田モダンゴルフクラブ レッスン案内

Home > 中嶋穀の「ギア職人が斬る!」 > 第4回 まっすぐ動く魔法のパター(フソウドリームSHEPHERD SP-005 パター)