Home > 中嶋穀の「ギア職人が斬る!」 > 第6回 荒々しくて繊細、職人のウエッジ(ゾディア マスターピースウエッジ)

第6回 荒々しくて繊細、職人のウエッジ(ゾディア マスターピースウエッジ)

こんにちは!!「ギア職人が斬る?」のコラムへようこそ!
今回 紹介するのは、職人がそのクラブの世界観まで作り出す、ゾディア マスターピースウエッジです。

最近注目されてきています。日本の職人技。
今回のゾディア マスターピースウエッジも、そんな職人技をしっかり感じられるクラブです。
このウエッジを削り出し、鉄の塊に命を与えるのは、千葉文雄 氏です。
製品作りの多く部分を機会に任せてしまう味気のないクラブが多い中で、千葉文雄 氏が削り出すこのウエッジはプレーヤーの感性に訴えかけ、プレーヤーの信頼や愛情を勝ち取ります。

それは計測数値を超えて、職人とプレーヤーの間で共有されるsomethingなのだと思います。

さらに、千葉文雄 氏 独特の研磨跡をわざと残す、荒々しい仕上げの美しさ、たたずまいは、もはや道具としてだけのゴルフクラブの存在意義を軽く超えて、ただただ圧倒されてしまいます。

と、圧倒されながらも、もうひとつ、外せない製品特徴を紹介します。
このマスターピースウエッジのフェイスにはダブルミーリング加工が施されており、素晴らしい打感とスピン性能と言う、ウエッジの道具としての性能も、しっかりと確保しています

そして、このマスターピースウエッジは、多くのゴルファーの感性に寄り添うために、50度、52度、56度のヘッドを3タイプずつ、58度のヘッドを5タイプ用意しました。
どれも、しっかりとしたコンセプトと個性を持っています。
この豊富なバリエーションの中からあなたの個性に合わせて、あるいはコースに合わせて、選んでいただけるのです。

このマスターピースウエッジは全国約100店舗の契約店で取り扱いをしています。
ぜひ、あなたの1本を探しに行ってみてはいかがでしょうか?
今まで味わったことのない満足感を得られるでしょう。
まさに日本の職人恐るべし!千葉文雄 氏恐るべしです!!

中嶋 毅

中嶋 毅
1970年生まれ、2000年より町田モダンゴルフクラブにてレッスンを始める。さらに2005年からは同練習場にてゴルフ工房(チューン アップスタジオ)を始め、多くのゴルファーに分かりやすいレッスンとそのゴルファーとしての知識に基づいたカスタムクラブのアッセンブルやリシャフトなどのチューンアップで人気のインストラクター 兼 クラフトマンです。

町田モダンゴルフクラブ
町田モダンゴルフクラブ ゴルフショップ・ゴルフ工房
町田モダンゴルフクラブ レッスン案内

Home > 中嶋穀の「ギア職人が斬る!」 > 第6回 荒々しくて繊細、職人のウエッジ(ゾディア マスターピースウエッジ)